三鷹の四季

井の頭公園

2020年3月28日 井の頭公園の桜

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために週末の28日、29日、首都圏に外出自粛要請が出された。井の頭公園もお花見による混雑を回避する目的で池の周辺が立ち入り禁止になっている。但し、遊歩道を散策しながら桜を鑑賞することは可能である。

井の頭公園の桜

2020年3月23日 井の頭公園の桜

野川公園

2020年3月22日:野川公園の桜

2020年3月22日、東京で桜(ソメイヨシノ)が全国で最も早く満開になった。
平年より12日、昨年より5日早い。
東京の桜の開花は1953年からの観測史上最も早かったが、満開は2002年に記録した3月21日に次ぐ2番目の早さ。

井の頭弁財天(2020年正月)
2020年正月の井の頭弁財天
井の頭弁財天(2020年正月)
井の頭公園の桜
2019年3月27日
井の頭公園の桜が見頃を迎えている
井の頭公園の桜
井の頭弁財天
2019年元旦
井の頭弁財天
紅葉2018年11月24日
井の頭池周辺も大分紅葉が進んできた
2018/11/24
井の頭公園(2018年3月26日)

井の頭公園(2018年3月26日)

2018年3月26日
井の頭公園の桜は一気に開花が進みほぼ満開でした。

武蔵境
2018年3月23日
武蔵境駅前にある観音院付近の桜は5~6分咲。観音院境内のしだれ桜は満開だった。
黒門
2018年元旦
黒門
井の頭弁財天
2018年元旦の井の頭弁財天
2017年11月~2018年3月、弁天池では「かいぼり」が行われている
神明社例大祭
2017年10月1日
牟礼神明社の例大祭
牟礼神明社は、天文6年(1537)、飯倉神明宮の御分霊を勧請して創建したと伝わる。
井の頭公園の桜(2017年4月6日)

井の頭公園の桜(2017年4月6日)

2017/4/6
井の頭公園の桜は今が満開。

 

井の頭弁財天
井の頭弁財天(2016/1/1)

2016年元旦の弁天池
かいぼりですっかり水がなくなり、池の底の泥土が姿を現していた。
弁財天は水との関わりを持つ神であるから、水がないと何ともさみしい風景である。

 

かいぼり風景
かいぼりの様子(2015/11/22)

2015年

弁天池ではかいぼり作業が行われていた。

 

 

泰山荘 待合
泰山荘 待合

2015年10月24日、25日、国際基督教大学(ICU)の文化祭(ICU祭)があり、同校敷地内にある泰山荘を見学する機会を得た。
泰山荘は日産財閥の重役だった山田敬亮が完成させた。
泰山荘の六つの建物 -表門、待合、書院、高風居、蔵、書庫- はすべて国の文化財。
(高風居と一畳敷は事前予約の見学ツアー参加者のみ見学できる)

 

 

泰山荘 書院
泰山荘 書院

同校敷地内にある湯浅八郎記念館では「昔のあかり」をテーマにした企画展示が開催されていた(見学無料)。
湯浅八郎は国際基督教大学の初代学長。柳宗悦の民藝運動に触発されて日本各地の民芸品を収集したそうだ。

大沢緑地
2015年4月18日
大沢緑地の菜の花と風を泳ぐコイノボリ

 

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Update

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Archive

Navigation