インスタグラム 野望の果ての真実

「インスタグラム 野望の果ての真実」(著:サラ・フライヤー、訳:井口耕二、ニューズピックス)は、インスタグラムの創成期から、フェイスブックに買収されて以降の成長の様子と、組織の内情を(関係者への取材を基に)記した書籍である。インスタグラム
私自身は、SNSのアカウントを有しているものの、ほとんど利用していない。従って、本書に描かれているような、SNSに対する若者やセレブの熱狂は今ひとつピンとこない。
一方で、フェイスブック社内の組織間の対立や、競合するSNSベンダーとの熾烈な戦いは、まさに生き馬の目を抜くような凄まじさで、アメリカにおけるスタートアップ企業の実態を浮き彫りにしている。
スタートアップ企業で働く技術者は寝る間もないほどの忙しさで、常に社外の競争相手との闘いに晒されており、市場で生き残るのが如何に大変なことなのかが分かる。
そして、生き残りをかけた闘いは「運」にも左右されているように見える。
本書によれば、シリコンバレーのスタートアップは90%以上が失敗に終わるそうだ。 

インスタグラムは、「インスタント」と「テレグラム」を掛け合わせた造語である。
この会社は、ケビン・シストロムとマイク・クリーガーの二人が創業し、インスタグラムのサービスそのものは2010年に一般公開されている。
このサービス(写真を投稿してネット上に公開するサービス)は、アップルのアプリストアにおけるカメラアプリ部門で第一位となる大ヒット商品になる。
インスタグラムの成功要因は、モバイル革命(いわゆるモバイルファーストの始まり)と、機能を徹底的にシンプルにした点にあるようだ。
いまひとつ成功要因をあげるならば、インスタグラムはフェイスブックに買収された後も(ある一定期間は)、独立した会社のように組織運営を続けることができ、かつフェイスブックが有するインフラをふんだんに使えた点にあろう。

本書によると、インスタグラムのような新興のSNSが成功するステップは、
①ユーザーを山のように獲得する
②ブランドに使ってもらう
③著名人に使ってもらう
④主流の地位を確立する
である。
フェイスブックが(すなわち、マーク・ザッカーバーグが)インスタグラムを買収した時の価格は10億ドルである。この時点でのインスタグラムは、ユーザー数が約3000万人、社員はわずか13名である。さらに、インスタグラムには収入を得るためのビジネスモデルがまだ存在していない。
ユーザー数と会社の規模などを考えると法外な値段である。
フェイスブックの成長を堅持するためのザッカーバーグの戦略はシンプルである。
競合になりそうなSNSサービスが出現したら、そのサービスを提供する企業を買収して取り込むか、同じようなサービスをフェースブックでも提供する(まねる)である。
競合が出現したら徹底的に潰す。そして社内組織には常に変革と成長を求める。
この理念を端的に表しているのが、ザッカーバーグがフェイスブック社員に配布している小冊子の言葉である。
「他社に抜きん出るレベルのインパクトを世界に与えたい。そのためには、のほほんと達成感にしたっていてはいけない。まだ勝てていない。今後も勇猛果敢に攻め続けなければならないと自分に言い聞かせていなければ、気が付いたら衰退していたなんてことになりかねない」
かつての日本のモーレツ社員さながら、である。

インスタグラムがいつまでも無収入であることは許されない。
2014年、ザッカーバーグから檄が飛ぶ。「インスタグラムの広告収入として10億ドルを目指せ」。
インスタグラムはこの指示に応える成果を上げる。
「広告導入から18ヶ月という記録的なスピードで10億ドルの収益をあげた」
収益に関するザッカーバーグの持論は、
「ネットワークが成長しさえすれば、結果として広告収入が増える」
だそうだ。規模の経済を徹底的に追求し続ける、ということだろう。

インスタグラムの創業者の二人は、経営方針や事業運営の方針について、ザッカーバーグと対立する。
やがて創業者二人はフェイスブックを去ることになる。
2016年の大統領選を境にソーシャルメディアに対する世間の見方は大きく変わった。本書には、SNSが有する社会に対する影響力の大きさや、負の側面(公序良俗に反する写真の投稿など)と、負の側面に対する対処の仕方が書かれていて興味深い。

IT技術者からみたSNSの開発方針はアジャイル開発そのものである。
他社に先駆けてサービスを早く市場に投入する。そして、ユーザーの反応を見て改修すべきところは早期に改修してリリースする。
極端なことを言えば、バグはリリース後に改修すれば良い。試行と改修のサイクルを速く回して製品のサービス品質をあげていく。
これらの仕組みを回していく開発組織にもアジャイルな考え方と行動が求められるだろう。(このような開発と、開発を支えるエンジニアに求められるものは明らかに基幹系システムとは異なる)
そして、この様子を少し距離を置いて眺めてみると、時間に追われるエンジニアには大きな負荷がかかり、メンタル面も疲弊していくのではないか、と考えてしまう。
エヴァ・ホフマンは、その著書「時間」のなかで、次のような指摘をしている。
「アメリカでは時間のスピードが速い(競争社会、上昇志向、成功、効率と生産性)」
ホフマンはこれらの行動様式を「A型行動症候群」と指摘している。
メンタルヘルスを考えれば、もう少し余裕を持っていた方が良い(と、個人的には思う)。
いやはやスゴイ世界である・・・。

 


2021年11月4日 追記:
フェイスブックは、2004年の創業以来使っていた社名を「Meta(メタ)」に変更した。
「メタ」は、今後同社が注力する「メタバース」に由来するようだ。
「メタバース」は、VR(仮想現実)端末などを使って、離れた場所にいるユーザ同士が、ゲームや買い物などに参加できる仮想空間である。
私が想像するに、アニメ「竜とそばかすの姫」の舞台になっている仮想空間のようなものだろう。
ザッカーバーグは、10月28日のイベントで、
「将来は数十億人がデジタル上で数千億ドルの買い物をする場になる」
「(メタバースが提供する)多くのものは今後1,2年でできるものではない」
と語り、メタバースが長期的な構想になるとの考えを示した。
アメリカではフェイスブックの疑惑を追及する報道が過熱しているようだ。
フェイスブックに対する風当たりが強まっている背景には、元社員のフランシス・ボーゲン氏による内部告発があったようだ。
ボーゲン氏は内部告発に至った理由を、
「公共の安全よりも自社の利益を優先し、人々の生命を危険にさらしている会社の決定に、次第に危機感を募らせた」
と自らのウェブサイトで説明している。 

下院エネルギー商務委員会の民主党議員らは、利用者による投稿内容にネット企業が責任を負わなくてよいとする「通信品位法230条」の改正案を提出した。
利用者の身体的、精神的被害につながるコンテンツを推奨するアルゴリズムを意図的に使った場合、230条による保護をなくすとしている。

(以上、朝日新聞2021年10月30日の記事をもとに記載)

本のINDEX

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする