2012年 11月 11日

Riverある新聞の新刊案内を読み、久しぶりにSFジュブナイルを読んでみたくなった。
そこで、この新刊案内(正確には復刻版)で紹介されていた「かめくん」(北野勇作 著)を入手すべく近くの本屋に行ってみた。
・・・が、残念ながら在庫無し。

ジュンク堂ならあるだろうと思い、少し足を伸ばした。
書店内に設置された機械の検索では3冊ほど在庫があるはずなのに、書棚には見当たらず。
店員の話では、昨日売り切れたとのこと。
そんなに人気があるのか・・・? と思うと余計手に入れたくなってきた。
通信販売なら間違いないだろうと思い購入。やっと入手。

期待を裏切らない面白さ・・・と言いたいところだが、(期待が大きかった分)少々期待外れな面もありました。
しかし、決してつまらないということではない。

人工知能を持った”かめくん”の、近未来の日常を綴った物語である。
独特のムードを醸し出す文体と相まって、ほのぼのとした、しかしちょっとシリアスな側面も見せる物語。

作者は、少なからず人工知能(AI)の知識を持ち合わせているようだ。
”かめくん”が考えを巡らす場面では、必ず「かめくんは、そう推論した」という、ちょっと一般的ではない表現を用いている。どうやら”かめくん”の頭脳は推論エンジンをベースに作られているようだ。

”かめくん”は河川敷の土手を散歩するのが好きだ。
(私も好きです。特に天気の良い日は気持ち良い。)

”かめくん”が土手を散歩していた時の出来事。
仲間達とサッカーで遊んでいた男の子が、”かめくん”をからかい、ちょっと様子を探るように、”かめくん”に向かってボールをシュートする場面。

その描写が面白い。
============================================
かめくんは腹甲の正面でそれを受けた。
勢いを殺されたサッカーボールは、かめくんの前にぽてぽてと転がった。
かめくんは静止しているボールにゆっくりと近づいていき、尻尾でぱちんとボールを弾いた。
きれいな放物線を描いてボールは川の真ん中へと落ちた。
・・・・・・
唖然としている子供たちに、ぷしゅう、と大きな鼻息を浴びせかけ、かめくんは土手の斜面を登って行った。
「ばかがめ!」
「木星に行っちまえ、ばかがめ!」
=============================================
子供たちの罵声を甲羅に受けつつ、”かめくん”は暮れかかった河川敷を後にしたのだった。

”かめくん”がいる近未来は戦争中らしいが、ちっとも戦争中らしくない。
むしろのんびり、ほんわかしている。
このリアリティの無さは、ちょっと「となり町戦争」( 作者:三崎 亜記)にも似ている。

作者はあとがきで再三言う。
「かめくんはかめくんであって、かめくん以外の何物でもない」。
かめくんが織りなす世界も、人間の世界も、そこに日常が横たわっている点で、(且つそれが変化し続け、不変ではないという点において)何ら変わりはない。
と解釈することにした・・・。

本のINDEX

Update

2012年11月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Navigation