2016年 5月 2日

春日部マップ春日部駅から牛島の藤を訪ね歩く。
春日部には、日光道中粕壁宿の面影を残す蔵や建物が残っている。
春日部の表記は、昭和19年、粕壁町と内牧村が合併した際、春日部町に命名されたことに依る。この名は、鎌倉幕府の御家人春日部氏に由来する。
牛島の藤は国の天然記念物。
大落古利根川

大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)

春日部には大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)と古隅田川が流れている。
大落古利根川は下流で中川と合流している。

最勝院

最勝院


最勝院があるこの付近は粕壁の寺町と呼ばれ、多くの寺が集まっている。
明治時代、最勝院は粕壁小学校や粕壁税務署などに利用され、境内は大相撲の地方巡業などにも利用されていたという。
また、粕壁と足立区千住を結ぶ千住馬車鉄道は、ここ最勝院を起点にしていたという。

春日部重行の墓 

最勝院境内にある春日部重行の墳丘墓
ここ春日部と上総の国山辺南部の地頭職であった、春日部重行の墳丘墓

 

 

古隅田川
古隅田川を左手に見ながら歩く
女體神社

大落古利根川と古隅田川に挟まれた梅田の地に女體神社がある。
昔、この付近の村で幼くして亡くなる子供が多くいたため、子供が健やかに育つよう祈念して建てられた。
土蔵(浜島家)

土蔵(浜島家)


写真の土蔵は国の登録有形文化財
明治時代前期の建物だそうである。
春日部の街を歩いていると、土蔵や古い建屋など、粕壁宿(かすかべしゅく)の面影が少なからず残っている。

 

永島庄兵衛商店江戸時代から続く老舗のお米屋さん。
建物は明治時代初期のものだそうだ。
屋根の上には魔除けの鍾馗(しょうき)さんの像がある。関東では珍しいのではないだろうか、
郵便ポストと商店
大落古利根川

大落古利根川

樋堀大師

樋堀大師(ひぼりだいし)


厄除け樋堀大師(ひほりだいし)は、西新井大師、川崎大師とともに関東三大師と呼ばれていたそうだ。
もともとこの地には、先に紹介した最勝院の末寺のひとつ、正福寺があったが、明治の廃仏毀釈令で廃寺になったそうだ。
残念ながら、関東三大師と呼ばれていた往時の面影はない。

 

牛島の藤

牛島の藤

⑤国の天然記念物「牛島の藤」
もともと連花院というお寺の境内であったが、その後廃寺になったそうだ。
この藤は、1,200余年前、弘法大師が自らの手で植えたものであるとの言い伝えがある。

牛島の藤
散歩コースINDEX

Update

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive

Navigation